オンライン講座ビジネスで最速で成功させる為の秘密のツールとは?

こんにちは、高島吉成です。

早速ですが、オンライン講座ビジネスは、自分の強みやスキル、経験を動画コンテンツにすることで、原価0円で在庫リスクがなく、今の時代、デジタル化が進んだことで、誰でも簡単にリスクなくスタートすることができるビジネスです。

また1度作ってしまえば、仕入れが一切かからず、長期に渡って利益をもたらす収益性の継続性がとても優れているビジネスモデルです。

パソコン1台あれば、働く場所を選ばない自由な理想的な働き方が可能になるビジネスでもありますとメリットが多いです。

オンライン講座ビジネスにチャレンジする時、成功確率を上げるにはどうすればいいのか?

今回はオンライン講座を最速で成功させる為の方法やツールをお伝えいたします。

オンライン講座ビジネスには、ロードマップが必須

オンライン講座ビジネスで最速最短で成功したいのであれば、

ロードマップの作成は必須になってきます。

オンライン講座ビジネスで一番の敵となるのは、モチベーションの維持なんですね。

特に初めてオンライン講座を作る際は、このモチベーションの維持がポイントになってくるんですね。

そのモチベーションを保つためにロードマップが必要ということなんですね。

ロードマップを活用することで、作業のモチベーションも維持できますし、作業の推進力、つまり利益を生むまでのスピードもマックスにできるようになります。

そのロードマップはということですが、ここからはパソコンを後で使って解説しています。

オンライン講座ビジネスの自動化プロジェクトロードマップ

例えば、僕が使っているロードマップを紹介するとこんな感じです。

オンライン講座ビジネスというのは5つのフェーズに分かれているんですね。

そして各フェーズごとにステップがあり全部で27ステップあります。

フェーズ1:プロダクト

ここはオンライン講座を作るパートです。
自分の強みやスキルからコンセプトを決めアウトラインを定めスライドショーを作成しメイン講座を撮影してサブ講座の作成を行います。

フェーズ2:セールスマテリアル

ここでは、セールスマテリアルを作成していきます。
・特典
・LM リード マグネット(無料プレゼント)
・セールスページ
・ランディングページ
・メールシーケンス
を作成きます。

特典やリードマグネットというのは無料のプレゼントですね。
メールシーケンスというのはのステップメールのことですね。

本校で作っていくということになりますね。

フェーズ3:セールスファネル

ここではセールスファネルを組んで完全に自動化していきます。
英語圏を活用して完全自動化いくっていうことですね。

ここまできてようやくこのセールスの仕組みができたら、そこから集客に入っていくんですね。

フェーズ4:集客 マルチエントランス&ハイブリッド

集客は、工程でいうと最後の方なんですね。
通常のマーケティングを行う順番では、集客は1番初めに行いますが、オンライン講座ビジネスの場合は違います。

オンライン講座ビジネスのマーケティングやその順番については、
下記の記事でご紹介していますので、気になった方はこちらの記事も、ご覧ください。

この集客のフェーズには、1〜3のフェーズが出来上がってから入るっていうことなんですね。

まずはコンテンツを作り、その後セールスマテリアル、セールスページとかを作って自動化したいのであれば、この自動化システムを作って、それで初めて集客に入っていくということになります。

そして一番時間が掛かるのはフェーズ1なんですよ

オンライン講座ビジネスではフェーズ1を乗り越える事が重要

特に初心者の方の場合、初めて作る方はこのコンテンツをオンライン講座を作るっていうことに結構時間が掛かるんですよね。

企画の段階から完成するまで、やっぱり初めのうちはやっぱり3ヶ月ぐらい掛かるかなと思うんですね。

ここでモチベーションが下がってしまうんですよ。

そこで下記の画像に小さい高島がいますけど、今どの段階にいるのか?ということを下記の画像のように明確にするんですね。

今コンセプトを作っている
今アウトラインを作っている
今スライドショーを作っている
とかで講座を作っていってフェーズ1が完成したら、今度はフェーズ2に入っていきます。

今セールスページを作ってるとか、今ランディングページを作ってる、とかっていうような、現在の立ち位置が分かって作成し続ければ、この先最終的にはキャッシュになるわけですね。

キャッシュまでどれだけすればいいのか?っていうのが分かるんで、
モチベーションが維持できるっていうことなんです。

これロードマップで、今見ているので、この立ち位置が分かるんですね。

例えば、今スライドショーを作ってたとしたら、ロードマップがあればアウトラインとかメイン講座撮影とかの前後のステップが見えるから良いですけど、
実際作っている時って、ここら辺も全然見えなくなるんですよ。

そうするともうモチベーションが保てなくなっちゃうんですよね。

これ、いつまでやればいいの?とかこの後どうなるの?っていうのは全く見えないんで、やっぱりこういった感じで、ロードマップを見ると
「あ、今自分はどこのポイントにいるのか!」っていうのを、分かるわけですよ。

「じゃあスライドショーの次はメイン講座の撮影に入らなきゃいけないな」とか
「セールスマテリアルまでもう一息だな」みたいな感じで自分の立ち位置が分かります。

モチベーションを維持できるか?っていう事が一番の壁なんですね。
ロードマップを活用することで、1番つまづきやすい所を超えることができるってことですね。

先ほども伝えした様に、このプロダクトを作るっていうとこが1番時間が掛かる所です。
フェーズ1は初心者の方の場合は3ヶ月ほど掛かります。

このプロダクトを作ることに慣れてしまえばルーティン化していくんでどんどん加速していくんですよね。

フェーズ2も初めて作るのであれば約1ヶ月もらえれば完成していきます。

フェーズ3もこれも2週間〜1カ月ぐらいあれば出来るんですかね。

そしてその後集客すると、もうここでもうキャッシュになるんです。

ファーストキャッシュがもうここで生まれるのでどんどんどんどんこうスピードがついていくわけですよ。

コンテンツを作るというフェーズ1が一番大変な所ですね。
1番大変になってくるってことで、逆に言えばここさえ越えればあとは早いんですね。

これは1個の商品を作る時に、これだけの工程がかかるっていうことなので、
1本目が完成してリリースした後に、2本目、3本目のオンライン講座を作っていくと、
1本目より、どんどん作業効率も良くなり、どんどんスピードを増していくんですよね。

なのでまず初めは、このフェーズ1をいかに我慢してこういったロードマップを見ながらモチベーションを維持できるかっていうのがポイントになってきます。
特に初心者の方や初めてオンライン講座を作る方には重要なポイントになってきます。

こんな感じで僕はロードマップを活用して成功スピードを上げてきました。

オンライン講座のロードマップツール「Miro」

ちなみにこのロードマップはMiroというクラウドのホワイトボードツールを使っています。

無料でも使えるツールですので使いたい方は

Miro.com

で検索するとすぐに出てきます。

まとめ

ロードマップを活用することで、キャッシュまでのフェーズやステップを踏んでいく事ができます。
そしてキャッシュにたどり着けるっていう事ですね。
このロードマップがあるのとないのとではキャッシュまでの時間が大きく変わりますし、ない場合はキャッシュに結びつくこと自体困難になります。

ということでオンライン講座ビジネスを最速最短で成功させたい方は、
必ずロードマップを作ることをお勧めいたします。


オンライン講座の「成功の設計図」7つのチェックシートをプレゼント中!

3人の女性起業家が過去最高月収を達成したのはチェックリストでたっだ7つのポイントを実践しただけでした。その7つのポイントのチェックリストを今だけ無料でプレゼントしています。


ABOUT US

takashima yoshinari
1967年生まれの富山県高岡市育ち。双子座です。好きな食べ物は「激辛カレー」&「タンドリーチキン」and「鰹のたたき」。オンライン講座ビジネスの専門家です。高額塾に参加したけどWEBマーケティングを実装できない、何から手をつけて良いか分からないという経営者や個人起業家の方を手厚いコンサルティングでサポートしています。ちなみに毎日、頭にシェイビングクリームを塗ったくりTの字カミソリで剃るのがモーティングルーティーン。