オンライン講座ての”はじめに”で伝える5つの必須項目とは?

こんにちは、高島吉成です。

今回はオンライン講座のカリキュラムの中で、1番最初のセクションである「はじめに」必ず伝えなければならない5つの項目とその構成についてお伝えしてまいります。

僕のクライアントさんからよくオンライン講座のカリキュラム作りをスタートした際に冒頭の「はじめに」で何をこう伝えればいいの?っていう質問をよく受けます

オンライン講座ビジネスでは、この「はじめに」で何を伝えるかっていうのは
非常に重要なんですね

理由は
「はじめに」で受講者に受講目的と講座のゴールを明確に認識してもらう必要があるからです。

受講するオンライン講座の冒頭で受講目的とゴールを明確にすることで、
講座を最後まで受講してもらう確率を上げることができます。

受講生をゴールまで導くことができれば講座の満足度は上がります。

ですので、あなたの販売している他のオンライン講座を購入する確率も高くなり、
またオンライン講座ビジネスでの利益をアップさせることが可能になります。

さらにあなたがコンサルティングサービスなどの提供していた場合、そのコンサルへの申込みへと繋がっていくということになります

ですので「はじめに」は非常に需要であり欠かすことのできないセクションだということになります。

それでは「はじめに」で伝えなければならない5つの項目と構成についてお伝えしていきます。

オンライン講座で伝えなければならない5つの必須項目

それでは伝えなければならない必須項目5つとその構成についてお伝えしてまいり

ます。

「はじめに」で、伝えなければならない必須項目5つは

1. なぜこのスキルが必要なのか?ということ
2. 何を習得できるのかするのか?(メソッド)
3. 自己紹介
4. 習得のメリット
5. 習得した後どうなるのか?(ベネフィット)

この5つです。
順番もこの順番でOKです。

僕のオンライン講座の中のセールスページのノウハウを出している講座があるんですけど、それの「はじめに」は、この5つの構成でなっているんですけど、

1番目 なぜこのスキルは必要なのか?

これに関しては、セールスで色々精神的ダメージをウケますよね、断られたら嫌だなとかっていう、

それに対してセールスページであればweb上なのでセールスの時の精神的ダメージがないということがメリットです。

まあ精神衛生上良いビジネスをしませんか?ということですね

ビジネスをしたいのであればそのセールスページの精度を上げて

実際にリアルでセールスことなるので売り上げを上げていけるっていう事なんで、

このセールスページのライティングテクニックが必要だっていうことを言うわけですね。

2番目 何を習得するのか?

ここがもうメソッドですね

売れるセールスレターには存在する型があるよということを言ってるんです

それを適用するみたいな感じですね。

具体的には30項目の穴埋めをしていくみたいな感じですね

70%ルールというルールもあるのでそちらの方も交えてお伝えしていきますみたいなことを言うわけですね

3番目 自己紹介

これはもう権威性と実績を言うということですね

権威性に関しては、書籍とか出版物がセミナーとかしているのであればそのセミナーの実績とか内容とかを伝えていくということになります。

この実績っていうのは今から受講者に伝えるメソッドだったりスキルだったりノウハウであなた自身がどうなったのかっていうことですね

さらに再現性があるよということで、お客さんの声があればなおいいよということになります。

4番目 習得のメリット

このセールスページのスキルがあればセールスページを完成させることで24時間365日セールスしてくるよっていう、そういったページが作れますっていうことですね。

またはコンテンツが完成したらセールスページを作成することで、このマーケティングに必要なランディングページとかステップメールとか広告クリエイティブが、短期間・短時間で作れるっていう事をメリットになりますね。

5番目 習得した後どうなるのか?(ベネフィット)

習得後どうなるのか?は、セールスページはウェブ上でセールスしていくツールなんで、そのセールスを自動化することで、精神衛生上リラックスした状態でビジネスを展開できるということですね。

同時に時間的にも経済的にも余裕が出るよってここがベネフィットになりますね

さらに言うと、いつでも海外旅行に行けるとか温泉に行けるとかっていうことですよね

そういったあの人生を楽しんでいても売れるセールスページがあれば、ちゃんと経済的にも余裕が出てくるよと、売上が上がりよっていうこということがベネフィットっていうことになりますね

ワンポイントアドバイスとしては、オンライン講座のアウトラインを書き出す時に、
一番最初に「はじめに」作る事っていうことを僕はやってます。

「はじめに」を作ることで誰に役立つのか?っていうことは明確になるんで、
作る側の使命感っていうか、モチベーションが上がるんで、そうすると良いオンライン講座ができるよということになります。

皆さんもオンライン講座のアウトラインを出す時には、
まず「はじめに」を一番最初に作ることを、お勧めいたします

まとめ

それではここまでのまとめとしてオンライン講座ビジネスのカリキュラムの中で一番最初のセクションである「はじめに」で必ず伝えなければならない5つと項目と構成ですね

1.なぜほどスキルが必要なのか
2.何を習得するのか?メソッド
3.講師の自己紹介
4.習得のメリット
5.習得した後どうなるのか?ベネフィット

上記の5つの項目と構成で「はじめに」を作っていきましょう

そうすることで受講者が、最後まで講座を受講してくれることと同時に満足度も上がるので、さらにあなたが提供している他の講座や、コンサルティングサービスなどの購入確率が上がりオンライン講座ビジネスで大きくスケールさせやすくなります。


オンライン講座の「成功の設計図」7つのチェックシートをプレゼント中!

3人の女性起業家が過去最高月収を達成したのはチェックリストでたっだ7つのポイントを実践しただけでした。その7つのポイントのチェックリストを今だけ無料でプレゼントしています。


ABOUT US

takashima yoshinari
1967年生まれの富山県高岡市育ち。双子座です。好きな食べ物は「激辛カレー」&「タンドリーチキン」and「鰹のたたき」。オンライン講座ビジネスの専門家です。高額塾に参加したけどWEBマーケティングを実装できない、何から手をつけて良いか分からないという経営者や個人起業家の方を手厚いコンサルティングでサポートしています。ちなみに毎日、頭にシェイビングクリームを塗ったくりTの字カミソリで剃るのがモーティングルーティーン。