WordPressで会員制サイトを10分で作る方法を画像つきでわかりやすく解説!

高島吉成
高島吉成
こんにちわ、高島吉成です。

人気のCMSであるWordPressでは会員制サイトを作ることも可能です。

しかも、コーディングやプログラミングといった難しい対応は必要なく、プラグインを活用するだけであっという間にできてしまいます。

そこで今回は、プラグインを使ってWordPressで会員制サイトを10分で作る方法について紹介していきます。

WordPressで会員制サイトを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressで会員制サイトを作りたいならプラグインがおすすめ

WordPressで会員制サイトを作る方法には、

  • システムを組んで実装する方法
  • プラグインで実装する方法

といった2つの方法があります。

自分でシステムを組んで実装できるのであればそうするべきですが、それには高いスキルが求められるので現実的ではありません。

そこでおすすめしたいのが、WordPressの機能の一つであるプラグインを使って実装する方法です。

WordPressにはプラグインと呼ばれる機能が備わっていて、公開されているプラグインをWordPressにインストールするとWordPressに機能を追加で実装できるようになっています。

有料のプラグインもありますが、無料のプラグインもたくさん公開されていて、無料のプラグインでも充分魅力的な会員制サイトを作成することは可能です。

特殊な機能を実装する場合やシステムを完全にオーダーメイドで作成する場合は自作するか制作会社に依頼する必要がありますが、そうでない場合はプラグインでの実装をおすすめします。

WordPressで会員制サイトを作るのにおすすめのプラグイン3選

WordPressを会員制サイト化できるプラグインはたくさんあります。

ただ、プラグインによっては使いづらいものや機能性の高くないものもあるので、今回は数あるプラグインの中から3つ厳選し、ピックアップしてみました。

それぞれのプラグインの特徴についてみていきましょう。

1. WP-Members Membership

WordPressで会員制サイトを作るためのプラグインとして最も人気が高く定番と言えるのが、この「WP-Members Membership」というプラグインです。

WP-Members Membershipは日本語での表示に対応しているプラグインで操作画面もわかりやすく設計されているので、初心者の方でもあっという間に会員制サイトが作れてしまいます。

また、一部の機能は有料となっているものの、基本的なことは無料でおこなえるようになっているので、これからWordPressで会員制サイトを作りたいと考えている方におすすめのプラグインだと言えます。

>>WP-Members Membership

2. Groups

会員をグループ分けし、グループごとに異なる権限を付与できるプラグイン「Groups」。

こちらもWP-Members Membershipと同じくらい人気の高いプラグインです。

Groupsは会員をグループ化し、それぞれのグループに対して異なる権限を付与することで、アクセスできるコンテンツの種類を分けることができるようになっています。

3つの料金プランを作成し、それぞれのプランで利用できるコンテンツを分けるなんてことも可能です。

複数のプランがある会員制サイトを作りたいときにおすすめのプラグインとなっています。

>>Groups

3. Memberful WP

月額課金の機能を付与し、会員制サイトをサブスクリプションサービスとして展開できるのが、この「Memberful WP」です。

サブスクリプション型の支払いに対応できるプラグインはかなり少ないので、サブスクリプション型で会員制サイトを運営していきたいと考えている方にとっては非常に魅力的なプラグインだと言えるでしょう。

ただ、このMemberful WPには無料のプランと有料のプランがあるのですが、無料のプランだとできることがかなり限られてしまうので注意が必要です。

>>Memberful WP

WordPressで会員制サイトを10分で作る方法を「WP-Members Membership」を例に解説

ここからは、実際にWordPressで会員制のサイトを作る方法について紹介していきます。

これから紹介する手順に沿って進めてもらえれば10分以内には会員制サイトを作れるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

今回は、定番のプラグインである「WP-Members Membership」で作っていきたいと思います。

まずWordPressにログインしましょう。

ログインしたらメニューの「プラグイン」にカーソルを合わせ、「新規追加」をクリックします。

検索窓に「WP-Members Membership」と入力しましょう。

「WP-Members Membership」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールできたら、「有効化」をクリックしましょう。

次に、会員制のサイトに欠かすことのできない、

  • ログインページ
  • 会員登録ページ
  • プロフィールページ

を作っていきましょう。

これらのページの作成には固定ページを使います。

メニューの「固定ページ」にカーソルをあわせ、「新規追加」をクリックします。

後は、3種類の固定ページを作成していくだけです。

それぞれの固定ページの本文には、以下のショートコードを貼り付けるようにしてください。

ページの種類 ショートコード
ログインページ [wpmem_form login]
会員登録ページ [wpmem_form register]
プロフィールページ [wpmem_profile]

それぞれの固定ページを作成したら、メニューの「プラグイン」をクリックし、WP-Membersの「設定」をクリックしましょう。

「固定ページ」という項目に、

  • ログインページ
  • 会員登録ページ
  • プロフィールページ

を設定する箇所があるので、プルダウンからそれぞれのページを選び設定していきましょう。

以上でWordPressを会員制サイト化することができました。

後は会員向けのコンテンツを作成し、利用してくれるユーザーを増やしていくだけで会員制のサイトを運営していけるようになっています。

WordPressで会員制サイトを10分で作る方法についてのまとめ

WordPressで会員制サイトを10分で作る方法について詳しく紹介してきました。

会員制サイトを一から自作しようとするとかなりの手間がかかりますし、制作を委託するのであればまとまった費用が必要になってきます。

一方、WordPressとプラグインを活用すれば、10分もかからずに作れてしまいます。

プラグインによっては一部有料の機能もありますが、基本的なことは無料でできるようになっているのでお金もかかりません。

会員制サイトを作ってコンテンツを販売していきたいと考えている方は、今回紹介した内容を参考に会員制サイトを作成してみてはいかがでしょうか?

 

ABOUT US

takashima yoshinari
1967年生まれの富山県高岡市育ち。双子座です。好きな食べ物は「激辛カレー」&「タンドリーチキン」and「鰹のたたき」。オンライン講座ビジネスの専門家です。高額塾に参加したけどWEBマーケティングを実装できない、何から手をつけて良いか分からないという経営者や個人起業家の方を手厚いコンサルティングでサポートしています。ちなみに毎日、頭にシェイビングクリームを塗ったくりTの字カミソリで剃るのがモーティングルーティーン。